40代の働く女性の心と身体

企業での働き方改革が進められることで働く女性がフィットネスをライフスタイルに取り入れながら生き生きと女性としての人生を楽しむ環境が整えられつつあります。

生涯現役を前提に 婚活期 妊活期 産前産後 育児中 40代 50代 更年期 60代~

女性のライフステージ別の心と体の変化とピラティスの楽しみ方を紹介します。

仕事もプライベートも充実して輝ける時期。代謝と筋肉を維持して、素敵な大人の女性を目指す。

40代の働く女性は、人生でも一番輝ける時期だと思います。

仕事でもプライベートでも様々なことに落ち着いて対処できるようになり、気持ちにも余裕が生まれて、新たなチャレンジを始める人も少なくありません。

その一方で身体的には女性ホルモンや成長ホルモンが減少して、基礎代謝も消化機能も低くなり、太りやすくなります。

また、筋力の衰えで猫背になったり首や肘膝の上やお尻などがたるんでしまうと見た目にも年齢より老けて見えてしまいます。

まさに40代は、老けるか素敵な女性でいるか の分かれ道。
さらにフィットネス効果も出にくくなりますので相応の戦略と努力が必要になります。

更年期障害への不安、自分や周囲の人々の死、加齢する体と変わらない心

40代を迎えた女性には、若い頃には見えなかった“壁”の存在が立ちはだかると言います。

30代のころも、『痩せなくなるらしいよ』みたいな話はあったけど、まだ運動すれば大丈夫なところもありました。でも、40代はもう本当に「食事制限だけ」「運動だけ」では、肉体的には戻りにくいのです。

そこでフィットネス指導者として40代の働く女性にまず勧めたいのは、深呼吸です。

仕事をしていたり、新しい挑戦をすると交感神経が高まる時間が長くなるので、その分深呼吸で副交感神経を優位に導いてバランスをとることが大切。
ヨガやピラティスなどボディワーク系のプログラムでは自分の呼吸に意識を向けることも多く、人に合わせたり気を遣うことなく心を落ち着かせることが出来ます。
身体的には基礎代謝を高める心肺持久系のエクササイズの中でも、ランニングはお尻や膝上のたるみ防止になり一石二鳥。身体も硬くなってくる時期なので、特に肩周り、股関節周りの可動域が保てるストレッチやヨガ、ピラティスなどがおすすめです。

ヨガやピラティスなどボディワークで自分に集中

仕事でもプライベートでも責任が大きくなり、人への気遣いも増える。その分、エクササイズは一人の時間を落ち着いて楽しみたい。
ヨガやピラティスで深い呼吸を意識して行い、心も身体もリラックス。呼吸音を聞くとさらに落ち着ける効果も。

インターバルランニングで脚線美を維持

30代と同じ生活をしていても代謝が落ちて太りやすくなる時期。少し心がけて心肺持久力系エクササイズを続けたいものです。

ウォーキングだけでなく3分程度ごとにランニングを組み合わせると脚線美の維持にも繋がります。

アクティバケーションで心身ともにリフレッシュ

お金も時間もやりくりがうまくなる40代女性が始めているのが、アクティブなバケーションを楽しむこと。

登山やトレッキング、マリンスポーツなど新しいアクティビティへの挑戦も心と身体の若さの秘訣。温泉やグルメもセットにすると運動へのモチベーションもアップします。

関連記事

PAGE TOP