60代の働く女性の心と体

企業での働き方改革が進められることで働く女性がフィットネスをライフスタイルに取り入れながら生き生きと女性としての人生を楽しむ環境が整えられつつあります。

生涯現役を前提に 婚活期 妊活期 産前産後 育児中 40代 50代 更年期 60代~

女性のライフステージ別の心と体の変化とピラティスの楽しみ方を紹介します。

スケジューリングと会話が行動変容の鍵。安全に運動効果を引き出す。

60代の働く女性は配偶者の介護や孫の世話なども加わり、私生活が忙しくなる一方で、自身の体力が低下して体調を崩しやすくなる方が多く慢性的な持病を抱えている方も少なくありません。

筋力の低下から膝や腰、肩などの痛みに悩まされる方も多く、病院の受診と並行して運動している方も多くいらっしゃいます。

しかし、60代で入会して何年経っても変わらない、むしろ若々しくなる方々も多くいらっしゃいます。

フィットネス指導者として60歳代以上の女性をサポートできることの一つに忙しい日々の中にいかにエクササイズの時間を食いこむかを一緒に考えることがあります。

子供が独立したり配偶者が高いするなどプライベートでのコミュニティが狭くなり日常での会話が少なくなりやすいので会話も大切にしています。

身体的には病気や怪我などをきっかけに体力や筋力が落ちてしまう方も多いので自分の体力や筋力に合わせたメニューを作成します。

体力と筋力がついて来ると姿勢や体型が変化し歩く速度が速くなるなど日常での運動の効果が実感できます。

周りの人に自慢したり、褒められることも運動のモチベーションに確実に繋がることもこの世代の女性の特徴です。

運動や一人よりも仲間や指導者がいる方が続けやすく、目的に「会話しに行く」ことが加わることでモチベーションが高められます。

パーソナルピラティスを生活に組み込むことで運動習慣をつけましょう。

私生活での用事が増えがちな60代女性にとっては来校を事前にスケジュールに入れることが習慣化の第一歩となるのです。

あなたの運動の習慣化を私がサポートします。

関連記事

PAGE TOP